廃炉作業員が内部被ばく 東電福島第1原発

 東京電力は6日、福島第1原発で廃炉作業に従事していた協力企業の60代男性が内部被ばくしたと発表した。検査の結果、健康に異常はないとしている。体内に取り込まれた放射性物質による今後50年間の被ばく線量は暫定評価で最大1・18ミリシーベルト。国の基準では、放射性物質を取り扱う原発作業員らの被ばく線量限度は5年間で100ミリシーベルトとされている。

 男性は6日午後、第1原発2号機原子炉建屋の大型機器搬入口で7人の作業員と工具の片付けに従事。作業を終え退出する際の検査で、鼻の中に放射性物質が付いているのが分かり、体内にも取り込んでいたことが確認された。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス