経済

ツイッター、売上高11%増 初の10億ドル超、広告収入伸び

 【ニューヨーク共同】米短文投稿サイトのツイッターが6日発表した2019年10~12月期決算は売上高が前年同期比11%増の10億734万ドル(約1100億円)となり、四半期ベースで初めて10億ドルを超えた。主力の米国市場で広告収入が伸びた。

 一方で、純利益は53%減の1億1877万ドルだった。従業員が昨年末時点で4800人以上となり、人員増に伴う費用などがかさんだ。

 ツイッター上で広告を見た利用者数は1日当たり1億5200万人で、前年同期と比べ21%増えた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス