国際

中国、全人代延期検討か 新型肺炎で、ロイター報道

 【北京共同】ロイター通信は6日、中国政府高官らの話として新型コロナウイルスによる肺炎のまん延を受け、中国が毎年3月に開催する全国人民代表大会(全人代=国会)の延期を検討していると報じた。複数の消息筋の情報として伝えた。

 匿名の政府高官はロイターに、予定通りの開催を目指すものの、3月までに感染が終息しない場合は延期も選択肢に入れて協議していると明かした。外務省の華春瑩報道局長は6日の定例会見で、延期検討についての質問に「聞いていない」と答えた。

 全人代は近年、毎年3月に開かれ、今年は3月5日から予定。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス