社会

滋賀で車の事故相次ぐ、4人死亡 路面凍結の影響か

 滋賀県で6日夜、スリップした車にトラックが突っ込むなど、路面凍結の影響とみられる車の事故が4件相次ぎ、計4人が死亡した。

 県警によると、6日午後6時50分ごろ、大津市和邇中の国道161号で、スリップして道路をふさぐ形で止まったワゴン車に、トラックが突っ込んだ。ワゴン車を運転していた大阪府豊中市の会社員松下凌也さん(20)が死亡した。

 数キロ南の大津市苗鹿1丁目の国道161号では午後7時20分ごろ、同市の建設業坂下俊周さん(38)の軽トラックが乗用車と正面衝突し、坂下さんが死亡した。大津署は軽トラックが直前にスリップした可能性があるとみて調べる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス