経済

キリン、年内に共同商品 ファンケルと健康分野で

 インタビューに答えるキリンホールディングスの磯崎功典社長

 キリンホールディングスの磯崎功典社長(66)は7日、共同通信のインタビューに応じ、昨年8月に資本業務提携をしたファンケルとの共同開発商品を年内にも販売する考えを明らかにした。「アルコール市場が縮小傾向にある中、持続可能な成長が見込めるヘルスサイエンス分野に注力したい」と狙いを語った。

 キリンの自動販売機とファンケルの直営店などを相互に生かして販路を広げる。まずは機能性飲料から始め、2022年にかけて脳機能や腸内環境に着目したサプリメントのほか、アレルギーや肌荒れに対応した基礎化粧品の展開も目指す。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス