経済

ヤマト運輸、海外クール便を停止 新型肺炎の影響、3月1日まで

 ヤマト運輸は7日、日本から香港や台湾に冷蔵した食品などを送る「国際クール宅急便」の受け付けを2月10日から3月1日まで停止すると発表した。利用している航空会社の貨物便が、新型肺炎の影響で休止されるため。

 対象地域は、香港と台湾のほか、シンガポールとタイのバンコク。冷凍と冷蔵の二つのタイプがあり、法人や個人事業主が利用しているという。

 中国では北京市など4市10省で国際宅急便の配達を休止しているが、陝西省の西安市も新たに加わった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス