社会

逗子の崩落は「凝灰岩の風化」か 死亡事故、国交省専門家が見解

 道路脇の斜面が崩落した事故現場を調査する国交省の専門家ら=7日午後、神奈川県逗子市

 神奈川県逗子市で道路脇の斜面が崩れ、通行中の県立高校の女子生徒(18)が巻き込まれて死亡した事故で、国土交通省の中谷洋明土砂災害研究室長らは7日、災害現場を訪れ、崩れた斜面の状況を調べた。中谷室長は調査後、逗子市役所で報道陣に対し、崩落原因は「凝灰岩の風化」との見方を示した。

 凝灰岩は火山灰が固まってできた岩石。中谷室長によると、現場は凝灰岩の上を厚さ30センチほどの土壌が覆い、植物が生えた斜面。土砂が崩れて露出した凝灰岩を調べると、表層部は手で触ると崩せるほどの「強い風化」状態だったという。

 風化は、寒暖の差や風雨にさらされることで早く進むという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス