スポーツ

楽天、特別練習で走塁の意識改革 新監督の方針、主力も参加

 全体練習後に特別走塁練習を指導する楽天・三木監督(右から2人目)=久米島

 楽天は全体練習後に特別走塁練習を行った。若手が中心だった昨秋キャンプに続いての実施で銀次、鈴木大、茂木ら主力も参加。走塁への意識改革に取り組む三木新監督が身ぶり手ぶりを交えて帰塁の仕方などを指導し「ただ走るだけではない。いろんなことを学ぶことで変わる」と説明した。

 昨季はリーグ最少タイの48盗塁に終わるなど走塁の改善が課題。茂木は「自己流でやっていた。また三木監督に聞いていろいろやっていけたら」と話した。(久米島)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス