スポーツ

日ハム石川直、フリー打撃で登板 抑え候補が「感覚良かった」

 打撃投手を務める日本ハム・石川=名護

 日本ハムの抑え候補の石川直がフリー打撃で打撃投手を務めた。近藤に対して直球にカーブを交えながら約20球を投げ込み「感覚としては良かった。今の段階では順調にきている」と手応えを口にした。

 昨季は自己最多の60試合に登板したが、セーブの数は2018年の19から5に減った。抑え定着を目指す6年目のシーズンに向けて「開幕までにさらに(状態を)上げていければ」と気を引き締めていた。(名護)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス