国際

シリア軍、反体制派の要衝に突入 イドリブ県、制圧に向け攻勢

 【カイロ共同】シリアのアサド政権軍は6日、反体制派の要衝、北西部イドリブ県サラケブに突入し、制圧に向けた攻勢を強めた。国営シリア・アラブ通信が伝えた。サラケブは首都ダマスカスと北部の大都市アレッポを結ぶ主要道路「M5」が通過する交通の要衝。政権が制圧すれば、軍民物資の輸送が容易になるほか、反体制派最後の拠点であるイドリブ県での攻勢が容易になる。

 反体制派を支援するトルコのチャブシオール外相は7日、アサド政権の後ろ盾であるロシアの代表団が8日にトルコを訪問、協議を行うと明らかにした。

 同通信によると、政権軍は四方からサラケブに入り、地雷などの除去を始めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス