国際

民主党、再点検申し立て期間延長 アイオワ支部、集計トラブルで

 【マンチェスター共同】米中西部アイオワ州の民主党支部は7日、3日に行われた党員集会の最終集計結果の再点検や、票の数え直しの申し立て期間を現地時間の10日正午まで延長すると発表した。これまでは7日正午までだった。

 党員集会は6日に最終集計が発表されたが、AP通信は「結果の一部を正確に集計できていない」として勝者を確定できないと報道。ワシントン・ポスト紙も「勝者なし」と伝えている。

 APによると、党の規約では再点検の申し立てができるのは候補者だけ。だが民主党のペレス全国委員長がツイッターで「もうたくさんだ。再点検を求める」と表明するなど圧力が強まっていた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス