国際

弾劾終わりトランプ氏報復 下院証言の高官2人更迭

 2019年11月、米下院情報特別委員会の公聴会に出席したNSCのビンドマン陸軍中佐=ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は7日、ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)のビンドマン陸軍中佐とソンドランド駐欧州連合(EU)代表部大使を更迭した。米メディアが伝えた。2人ともウクライナ疑惑を巡る下院公聴会でトランプ氏に不利な証言をしており、弾劾裁判終了後に「報復」に出た。証言した他の高官らの人事異動も相次いでいる。

 ビンドマン氏はNSCでウクライナ問題を担当。昨年11月、下院委員会の公聴会で、トランプ氏が同7月の米ウクライナ首脳電話会談で政敵のバイデン前副大統領(野党民主党)関連の捜査を要求したのは「不適切だった」と明言した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス