国際

民主討論会、38歳に集中砲火 第2戦ニューハンプシャー

 7日、米東部ニューハンプシャー州マンチェスターで開かれた民主党の大統領選候補者による討論会(ロイター=共同)

 【マンチェスター共同】11月の米大統領選で政権交代を目指す民主党の候補者討論会が7日、東部ニューハンプシャー州マンチェスターで開かれた。候補者指名争いの初戦となった3日の中西部アイオワ州で首位争いを演じて注目を集めた新星の前インディアナ州サウスベンド市長ブティジェッジ氏(38)に他の候補らが“集中砲火”を浴びせ、激論を交わした。

 ニューハンプシャー州では11日に候補者指名争いの第2戦となる予備選が予定されており、各候補は支持拡大に向けてアピールした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス