スポーツ

阪神の近本、2番で上々スタート 「気分的に楽」

 中日との練習試合で2点三塁打を放つ阪神・近本=北谷

 初実戦の中日との練習試合で阪神の近本が2番打者で先発し、五回に2点三塁打を放った。上々のスタートに「気分的に楽です」と表情が緩んだ。

 無死一、二塁で打席を迎え、初球はバントの構えからボール球を見送る。2球目の直球を完璧に捉え「(変化球を)見逃したのでストレートが来ると思って、振り抜けたのが大きかった」と配球の読みがはまった。

 昨季は主に1番を務めたが、矢野監督はつなぎ役としてさまざまな制限もある2番で成長を促す方針。「近本自身も、チームにとってもプラス」と指摘した。(北谷)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス