スポーツ

9人連続PK失敗はJリーグ記録 ゼロックス杯、神戸―横浜M戦

 神戸が8日に初優勝した富士ゼロックス・スーパーカップは昨季J1王者の横浜Mとの接戦となった。PK戦では9人連続で失敗し、Jリーグ主管大会の記録となった。2人目までは両チームとも落ち着いて決めたが、横浜Mの3人目のエジガルジュニオのキックを神戸のGK飯倉が止めると、横浜Mの水沼や神戸の大崎らが大きく枠を外すなど連鎖反応のように失敗が続いた。

 2本のセーブで貢献した飯倉は「なんでこんなに外れるのだろうと思って笑ってしまった」。昨季途中まで所属した古巣を退け「勝利を引き寄せられてうれしい」と充実感をにじませた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス