スポーツ

テニス、大坂欠場し日本は3連敗 フェド杯予選、スペイン戦

 日本―スペイン最終日 シングルス第1試合でカルラ・スアレスナバロと対戦する奈良くるみ=ムルシア(共同)

 【ムルシア(スペイン)共同】女子テニスの国別対抗戦、フェド杯予選の日本―スペイン最終日は8日、スペインのムルシアで行われ、日本は世界ランキング10位の大坂なおみ(日清食品)が欠場した。代わりにプレーした同137位の奈良くるみ(安藤証券)が55位のカルラ・スアレスナバロに1―6、3―6で敗れ、日本は通算3連敗で決勝大会進出を逃した。

 スペインは4月にブダペストで開催される決勝大会に進出。日本は来年の予選出場権が懸かるプレーオフに回る。

 約2年ぶりに代表入りした大坂は、7日の第1日で精彩を欠いてストレート負けしていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス