社会

沖縄で陸自と米軍が実動訓練 中国にらみ連携誇示

 米軍との実動訓練を行う陸自の水陸機動団=9日午後、沖縄県金武町の米軍ブルービーチ訓練場

 陸上自衛隊は9日、沖縄県金武町の米軍ブルービーチ訓練場で、米軍との実動訓練を報道公開した。陸自の離島防衛の専門部隊「水陸機動団」が参加し、陸自によると同機動団が沖縄県で水陸両用作戦の訓練をするのは初。沖縄・尖閣諸島の領有権を主張する中国をにらみ、日米の連携を誇示する狙いがありそうだ。

 在沖縄米海兵隊の即応部隊、第31海兵遠征部隊(MEU)と水陸機動団は午後2時半すぎ、計約10隻のボートで砂浜に上陸。声を掛け合いながら敵役を制圧後、ホーバークラフト型揚陸艇(LCAC)がごう音を響かせながら高機動ロケット砲システム「ハイマース」を陸地に運んだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス