社会

拉致家族会が会議「思い継ぐ」 有本恵子さんの母死去受け

 会議後に記者会見する拉致被害者家族会の事務局長横田拓也さん(右から2人目)ら=9日午後、東京都港区

 北朝鮮による拉致被害者の家族会と支援組織「救う会」が9日、東京都内で合同会議を開き、政府に全拉致被害者の即時一括帰国を求める運動方針を改めて確認した。有本恵子さん=失踪当時(23)=の母嘉代子さんが3日に死去。会議終了後に記者会見した横田めぐみさん=同(13)=の弟で家族会事務局長拓也さん(51)は「思いを引き継いで一生懸命戦っていきたい」と話した。

 田口八重子さん=同(22)=の長男で家族会事務局次長飯塚耕一郎さん(42)は「時間が残酷にも刻々と進んでいる。『高齢化』という言葉が家族に突き付けられている」と述べた。

 合同会議には約40人が参加した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス