政治

九州新幹線全線フル規格に反対 長崎、佐賀の共産党県議

 九州新幹線長崎ルートに関するシンポジウムで発言する、長崎県の堀江ひとみ県議(左)と佐賀県の武藤明美県議=9日午後、長崎市

 九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)に関するシンポジウムが長崎市で9日開かれ、長崎県の堀江ひとみ県議、佐賀県の武藤明美県議(ともに共産党)は与党が適当とした全線フル規格で整備する場合、佐賀県への財政負担が重いなどとして反対する立場を示した。長崎ルートのうち佐賀県内の新鳥栖―武雄温泉は整備方式が決まっておらず、着工していない。

 両県は新幹線と在来線の両方を走れるフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の採用で合意していたが、開発の遅れなどを理由にFGT導入が難しくなった。堀江氏は佐賀県の負担が増えるフル規格を長崎県が訴えるのは「虫のいい話だ」と批判した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス