経済

日産、九州工場を一時停止 新型肺炎で部品調達困難に

 稼働の一時停止を決めた福岡県苅田町にある日産自動車の子会社の工場

 日産自動車は10日、子会社の日産自動車九州(福岡県苅田町)の工場で、14日の稼働を一時停止すると明らかにした。17日は主に輸出車を生産するラインを停止する。新型コロナウイルス拡大の影響で、中国から部品を調達しにくい状態になっている。肺炎流行で自動車メーカーが国内の完成車拠点を停止するのは初めて。

 部品を積んだ船が中国の港から出港できなくなったという。15、16日は非稼働日。物流が正常に戻るには時間がかかるとみられ、他の国内工場の稼働に影響する可能性もある。

 日産自動車九州の生産能力は年約53万台。日産の国内生産の半分程度を占める主力工場となっている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス