国際

習近平主席、初のマスク姿で視察 新型肺炎、町内会や病院へ

 北京市内の「社区」を訪れ、マスクを着けて住民と話す中国の習近平国家主席(左手前)=10日(新華社=共同)

 【北京共同】中国の習近平国家主席は10日、北京市の医療施設や、町内会的役割を担う組織「社区(コミュニティー)」をマスク姿で訪れ、新型肺炎の感染を防ぐ活動や医療態勢を見て回った。中国国営の中央テレビが伝えた。新型肺炎を巡り習氏のマスク姿が報じられたのは初めて。医療機関の視察では白衣姿も見せた。

 感染拡大の防止に全力を挙げ、国民の生活を気に掛ける姿をアピールする狙いとみられる。

 中央テレビや中国メディアによると、習氏は10日に朝陽区の社区を訪問。「非常時なので握手はしません」と話し、マスク姿の住民が笑い声を上げる様子が放送された。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス