国際

インド与党、首都議会選で連敗 国民分断の政策に批判

 デリー首都圏の議会選での圧勝を受け、支持者の声援に応える庶民党のケジリワル党首=11日、ニューデリー(ロイター=共同)

 【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリーがあるデリー首都圏(州に相当)の議会選が11日開票され、選挙管理委員会の途中集計によると、モディ首相の与党インド人民党(BJP)は連敗が確実となった。2015年の前回選で大勝した庶民党が全70議席のうち60議席を超える勢いで、ケジリワル党首は勝利宣言した。

 BJPの政策が国民を分断しているとの批判が敗因。BJPはヒンズー至上主義団体を支持母体とし、昨年の下院選で圧勝後、少数派イスラム教徒に厳しい政策を次々と実行している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス