芸能・文化

神田松之丞改め「伯山」を襲名 講談の大名跡、披露開始

 記者会見する神田松之丞改め六代目「神田伯山」さん=11日夜、東京・新宿の末広亭

 人気講談師の神田松之丞さん(36)が11日、真打ち昇進と同時に大名跡「神田伯山」を六代目として襲名、東京・新宿の末広亭で披露興行に臨んだ。

 高座に登場すると、立ち見も含め満員の客席から拍手がやまず、新伯山さんは「盛り上がりすぎですよ」と苦笑い。歌舞伎俳優が独自の工夫で成功する演目「中村仲蔵」を約40分熱演、「日本一」などの声が掛かった。

 伯山は江戸後期の初代以来、講談を代表する名前で、五代目死去後、44年ぶりに復活した。

 新伯山さんは2007年に神田松鯉さん(77)=19年に人間国宝認定=に入門した。「今チケットを最も取りにくい講談師」といわれている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス