経済

新型肺炎「世界経済に波及」 FRB議長が議会証言

 FRBのパウエル議長(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は11日、議会下院の金融委員会で証言する。FRBが事前に公表した文書によると、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大が「中国を混乱させ、世界経済に波及する可能性がある」と指摘。景気減速の新たなリスクへ警戒感を強めた。

 パウエル氏は「先行きにはリスクが依然として残っている」と分析し、その一つとして新型肺炎の拡大を「注視している」と説明した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス