経済

三菱マテと宇部興産が事業統合へ セメントやエネルギー

 三菱マテリアルと宇部興産は12日、両社のセメント事業やエネルギー事業を統合することで合意したと発表した。折半出資の新会社を設立し事業統合を進める。2022年4月の統合を目指す。

 同日の両社の取締役会で決定した。統合対象の事業はセメントやコンクリートのほか、エネルギーや環境事業、建材の関連事業などで、詳細は今後検討するとしている。

 国内のセメント事業は東京五輪などの建築増加で販売が一時的に盛り返したが、その後は需要低迷や燃料費などの高騰で厳しい環境が続いている。統合で経営を効率化し、セメントなどで稼いだ資金は両社の成長分野に振り向ける。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス