国際

オランダのリコーで手紙爆弾爆発 けが人なし、脅迫か

 【ブリュッセル共同】オランダからの報道によると、同国首都アムステルダムの大手銀行ABNアムロと、南部ケルクラーデにある日本のリコー関連のオフィスに12日、手紙爆弾が届き、それぞれの郵便室で爆発した。けが人はなかった。何者かが両社に暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン」を送るよう脅迫しているとの情報がある。

 リコーの施設は一部破損。同社は「けが人がなかったのは幸いだが、関係者は大変ショックを受けている」との声明を出した。

 オランダでは今年1月から手紙爆弾が相次いで見つかっており、捜査当局が関連を調べている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス