国際

米FBがファクトチェック強化 ロイターと提携、大統領選に向け

 【ニューヨーク共同】ロイター通信は12日、米交流サイト大手のフェイスブック(FB)と、投稿内容のファクトチェック(事実検証)で提携したと発表した。米大統領選に向け、ソーシャルメディアで偽情報が拡散するのを防ぐのが狙い。

 ロイターが新たに立ち上げた部門で、FBと傘下の写真共有アプリのインスタグラムに投稿された写真や動画、見出しなどが偽情報ではないかどうかを確認する。

 英語とスペイン語の利用者が米国で閲覧する投稿が対象。FBはファクトチェックで、AP通信などとも協力しているという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス