スポーツ

女子野球、出場機会の拡大探る 高野連、団体と初会談

 意見交換会を終え、記者会見する(右から)日本高野連の小倉好正事務局長と全日本女子野球連盟の浜本光治副会長ら=13日、大阪市

 日本高野連は13日、大阪市内で、全日本女子野球連盟と全国高校女子硬式野球連盟との意見交換会を初めて実施した。全日本女子野球連盟の浜本光治副会長は「今後に向けて、男女ともに、野球界に光が差してきた感じを受けた」と充実感をにじませた。

 日本高野連の加盟校の女子部員をめぐっては現在、大会参加者資格規定で公式戦出場は認められておらず、日本学生野球憲章で他団体との“二重登録”もできない。日本高野連の小倉好正事務局長は「女子部員が試合に出る方法として、どういうところがあるのか、少し探らせていただいた」と今後の議論の方向性を示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス