スポーツ

阪神西勇、初の打撃投手 「順調に来ている」

 打撃投手を務める阪神・西勇=宜野座

 阪神の西勇が13日、初めて打撃投手を務めた。昼時の打撃特訓に臨んだボーアや福留らを相手に全て直球で58球。打者の反応を探るように内外角を突き「投げられたことが大きい。順調に来ている」と充実感をにじませた。

 ブルペンでは精力的に投げ込む姿が目立ち、矢野監督は「何も心配していない」。加入2年目の今季、開幕投手の最有力候補に挙げられても、エースは「まだ焦る時期じゃない。目的を持ってやりたい」と地に足着けて鍛えている。(宜野座)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス