くらし

父親パンダにバレンタイン 和歌山のアドベンチャーワールド

 雪だるまをプレゼントされたジャイアントパンダ「永明」=14日午前、和歌山県白浜町の「アドベンチャーワールド」

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」はバレンタインデーの14日、15頭のジャイアントパンダの父親で27歳の「永明」に、氷で作った特大のハートと雪だるまをプレゼントした。

 人間でいえば80歳ぐらいに当たる永明には、健康縄ばしごも贈呈。木につり下げた長さ約170センチのはしごに前脚を掛けて立ち上がることで体力を付け、次の繁殖につなげてほしいとの願いを込めた。雪だるまは永明をイメージした。

 プレゼントが置かれた屋内運動場に姿を見せた永明は、しばらく歩き回った後、縄ばしごに体を入れたり抱きかかえたりして遊んでいた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス