くらし

九州各地で「初雪なし」 福岡は111年ぶり記録更新

 暖冬の影響で、佐賀を除く九州各県で初雪が観測されない状況が続いている。福岡市では観測開始以降、最も遅かった1909年の記録「2月6日」を111年ぶりに更新。14日現在で長崎、熊本、大分各市も観測がなく、記録を更新中で、初の「雪のない冬」となる可能性も出ている。

 気象用語でいう「初雪」は、各県の気象台で観測した雪やみぞれを指し、山間部で降った雪は含まない。宮崎市、鹿児島市も今季の観測はないが、両市は過去に雪が降らないまま終わった年がある。佐賀市では観測史上最も遅い2月5日に短時間のみぞれを観測した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス