中国、医療従事者1700人感染 新型肺炎、死亡は6人

 中国・武漢市内のホールに臨時に設置された病院で、新型肺炎患者に対応する医療従事者ら=10日(新華社=共同)

 【北京共同】中国政府は14日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスに医療従事者1716人が感染し、うち6人が死亡したと発表した。患者が急増する湖北省では医療物資が不足し、十分な予防策が取れず危険な状態の医師も多い。院内感染が深刻化しており、政府は阻止に向けた対策を急いでいる。

 国家衛生健康委員会の幹部は14日の記者会見で「医療従事者の感染が増えている」と危機感を訴えた。感染した医療従事者は11日時点で中国全土の感染者の3・8%を占め、湖北省武漢市で感染した医師らは1102人に上るという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス