社会

大阪IR、事業者の応募1組のみ 米MGMとオリックスの共同体

 取材に応じる大阪府の吉村洋文知事=14日午後、大阪府庁

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を巡り、大阪府と大阪市が実施する事業者公募の書類審査の申し込みが14日締め切られた。吉村洋文知事は、応募したのは米カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの共同事業体1組のみだったと明らかにした。

 府市は今後、MGM・オリックスだけを対象に事業者選定の審査を実施することになる。競争性が働かないとの懸念もあるが、吉村氏は記者団に「(IR事業の質に)影響はない」と述べた。

 府市は大阪湾の人工島・夢洲を予定地として、昨年12月に公募手続きを開始。2026年度までの全面開業などを条件として示している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス