くらし

南極でもチョコをどうぞ しらせ、乗員が女装

 女装をして、南極観測隊員の女性にチョコレートを渡す「しらせ」乗組員の竹本宣久3曹(右端)=14日、南極海(共同)

 【南大洋共同】南極・昭和基地を離れ、帰国途上にある観測船「しらせ」船上で14日、バレンタインデーの行事があった。運航する海上自衛隊の乗組員と第60、61次南極観測隊員の男性約10人が女装し、乗員の男女にチョコレートを手渡した。

 食堂にチャイナドレスやメイド服をまとった乗組員らが横一列に並び、歓声を上げながらチョコを配った。清掃状況などを確認するために行う「巡検」も、この日は女装で艦内を練り歩いた。

 初めてしらせに乗って南極に行った竹本宣久3曹(28)は高校生風の衣装に身を包み「こういう行事は大事ですね」と話していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス