菅官房長官「船内待機は適切」 乗客乗員への肺炎感染拡大に

 菅義偉官房長官は18日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染が広がるクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に関し、乗客乗員を船内で待機させる対応に問題はないと強調した。「適切だと思っている」と述べた。

 米メディアなどが日本政府の対応に疑問を呈していることを踏まえ「米国は当初、(日本側に)謝意を表明していた。船に残っている米国人はたくさんいる」と語った。

 政府は、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を18日夜に首相官邸で開催すると発表した。安倍晋三首相と全閣僚が出席し、水際対策や医療態勢などを巡り意見を交わす見通しだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス