九州初の感染、緊張走る 首長が予防策実演も

 福岡市内での新型コロナウイルス感染の確認を受け、記者会見で「せきエチケット」を呼び掛ける高島宗一郎市長=20日、福岡市役所

 福岡市で九州初の新型コロナウイルスの感染者が20日確認され、自治体や公共交通機関の関係者に緊張が走った。首長自ら身ぶり手ぶりで予防策を伝えたり、イベント中止を発表したりするなど対応に追われた。

 「ハンカチで鼻や口を覆ったり腕で覆ったりして、くしゃみや鼻水が飛散しないよう気をつけてください」。福岡市の高島宗一郎市長は記者会見でハンカチを口元に当てながら「せきエチケット」を実演。福岡県の小川洋知事も会見で「一人一人が身を守ることが地域を守ることになる」と呼び掛けた。

 福岡市は25日までに予定していた歴史や地域共創などに関するシンポジウム3件の中止も発表した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス