スポーツ

日本プロレス殿堂会が発足 レスラーの引退後など支援

 ポーズをとる(左から)天龍源一郎、アントニオ猪木、藤波辰爾、長州力=20日、東京都内のホテル

 人気プロレスラーだった天龍源一郎を中心に、長州力や藤波辰爾、アントニオ猪木らの賛同を得た日本プロレス殿堂会が、20日に発足した。設立の主な目的はプロレスラーの現役引退後の支援で、故障したレスラーや家族の生活を保障する体制づくりも目指す。

 天龍の長女、嶋田紋奈さんが代表を務めるマネジメント会社が東京都内で記者会見を開いて発表した。選手の功績を後世までたたえる殿堂としての機能も備えるという。

 天龍は「この会ができることは後輩たちの励みになる」と意義を語り、長州は「プロレスは一歩間違えたら事故になる。選手の役に立つ殿堂会をつくり上げていきたい」と述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス