国際

「コピペ」生みの親死去 米科学者のテスラー氏

 ラリー・テスラー氏(「コピペ」の生みの親として知られる米コンピューター科学者)米メディアなどによると西部カリフォルニア州の自宅で死去、74歳。死因は不明。米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は、死去は16日と伝えた。

 45年、ニューヨーク生まれ。70年代にゼロックスのパロアルト研究所で勤務し「カット」「コピー」「ペースト」といった現在のコンピューターで主流となった操作方法を発明した。80年には米アップルに移り、パソコン「マッキントッシュ(マック)」の開発も行った。(ニューヨーク共同)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス