スポーツ

陸上60m、多田が自己新で4位 世界室内ツアー最終戦

 男子60メートル決勝 6秒56の自己ベストで4位の多田修平。左は優勝したロニー・ベーカー=マドリード(共同)

 【マドリード共同】陸上の世界室内ツアー最終第7戦は21日、マドリードで行われ、男子60メートルで多田修平(住友電工)は予選、決勝とも6秒56の自己ベストで4位に入った。ロニー・ベーカー(米国)が6秒44で優勝。

 男子走り幅跳びの橋岡優輝(日大)は8メートル02で4位。フアンミゲル・エチェバリア(キューバ)が8メートル41で圧勝した。同60メートル障害決勝で金井大旺(ミズノ)は7秒75で5位だった。

 女子三段跳びは世界選手権2連覇中のユリマル・ロハス(ベネズエラ)が室内世界新記録の15メートル43で制した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス