くらし

カツオ博士目指し検定、鹿児島 枕崎市の小学生、体験も

 「枕崎こどもカツオマイスター検定」の筆記試験に臨む小学生=22日午後、鹿児島県枕崎市

 かつお節の生産量が日本一の鹿児島県枕崎市で、地元の小学生がカツオの知識を試す「枕崎こどもカツオマイスター検定」が22日あった。「カツオ博士」を目指す115人がかつお節を削るなどの体験学習をし、筆記試験に臨んだ。

 市によると、小学5年の社会科の教材に地元の水産業が紹介されたのをきっかけに2011年から市などが実施。希望する地元の5年生を中心に参加している。

 この日、子どもたちは市内のかつお節工場を見学した後、地場産品の販売所に移動。わらでカツオをあぶってタタキを作ったり、専用の機械でかつお節を削って郷土料理のみそ汁「茶節」を作ったりした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス