北海道で新たに9人感染 20代の女性は重体

 北海道などは23日、新たに20代~80代の男女9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも日本国籍。うち20代の女性は学生で人工呼吸器を装着し、重体という。道内での感染者は計26人となった。また江別市は道が22日に感染を確認したと発表した50代のパート従業員の女性について、市内の小学校に勤務する給食配膳員と明らかにした。

 重体となっている学生以外の8人の内訳は、美瑛町の20代の男性消防士、旭川市の30代男性と60代女性、釧路市の30代の女性パート従業員、札幌市の70代の男性会社員、上川地方の70代の男性、胆振地方の80代男性と40代の女性。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス