国際

トランプ氏インド初訪問 対中けん制へ首脳親密誇示

 手を振るインドのモディ首相(左)とトランプ米大統領=24日、インド・アーメダバード(AP=共同)

 【ニューデリー、アーメダバード共同】トランプ米大統領は24日、大統領就任後初めてインドを訪問した。モディ首相の出身地、西部グジャラート州のアーメダバードで大規模集会にモディ氏と登壇し「自由で開かれたインド太平洋を守る」と訴えた。インド洋で影響力を強める中国をけん制するため、両首脳間の親密な関係を国内外にアピールする狙い。

 集会は約11万人収容(地元メディア)の世界最大規模のクリケット場で開催。ほぼ満員の観衆を前にモディ氏も「トランプ氏の下で両国関係はさらに深化した」と持ち上げた。

 トランプ氏は、インドが民主的に経済発展を遂げていると称賛した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス