香港、下船した乗客の感染3人に 計79人、大阪訪問の主婦も

 【香港共同】香港政府は24日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を下船して、チャーター機で香港に戻った乗客2人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。船の乗客の感染は計3人となった。

 香港全体の感染者は5人増えて79人となった。うち1人は潜伏期間中の1月26日~31日に大阪を訪問していた香港の主婦(57)。2月8日に喉の痛みを訴え、10日に発熱、その後入院していた。

 クルーズ船には364人の香港住民が乗船、うち約210人がこれまで香港に戻り、検疫センターで隔離されている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス