社会

名古屋高速、ETC通行可能に 閉鎖の6料金所、25日から

 名古屋高速道路公社は24日、男性事務員の新型コロナウイルス感染の影響で閉鎖していた2路線計6カ所の料金所について、自動料金収受システム(ETC)を搭載した車のみ、25日午前6時から通行可能にすると発表した。

 公社によると、2路線は名古屋市中川区と愛知県東海市をつなぐ路線と、名古屋市内を東西に走る路線。収受員が確保できないため、現金やETCカードの手渡しでは引き続き通行できない。

 公社が料金収受業務を委託している会社の60代男性事務員の感染が22日、判明した。男性と濃厚接触した可能性がある収受員ら計52人が自宅待機となっている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス