患者増地域は外出自粛を 新型肺炎、会話で感染も

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)が国内でさらに拡大する事態に備え、政府が策定を進めている基本方針案が24日、明らかになった。患者が大幅に増えた地域では「濃厚接触者」の健康状態を観察していく対応を縮小して、広く外出自粛を求めていく。また近距離では、せきやくしゃみがなくても会話などで感染するリスクが否定できないと指摘した。25日に開く政府の対策本部で決定する。

 一方、対策を検討する政府専門家会議は「これから1~2週間が急速な拡大か終息かの瀬戸際だ」と指摘する独自の見解を発表した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス