国際

コービーさんの妻がヘリ会社提訴 危険な天候の飛行を認識、許可と

 コービー・ブライアントさんらが死亡した、ヘリコプター墜落現場=1月、米ロサンゼルス近郊(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】1月にヘリコプター事故で死亡した米プロバスケットボールNBAの元スター選手、コービー・ブライアントさんの妻バネッサさんは24日、操縦士が天候の見極めや飛行中止の判断など必要な注意を怠ったとして、運航会社に損害賠償を求めロサンゼルスの裁判所に提訴した。具体的な金額は示されていない。米メディアが伝えた。

 事故原因を巡っては、操縦士が霧で方向感覚を失った可能性が指摘されている。

 バネッサさん側は「危険な天候状態の中でヘリが飛行することを運航会社は認識し、許可していた」と主張。懲罰的な賠償金の支払いも求めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス