北海道に感染対策チーム派遣 厚労省、知事要請受け

 新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、厚生労働省は25日、感染者の集団を早期に発見し、対応するための対策チームを立ち上げた。加藤勝信厚労相が記者会見で明らかにした。患者が急増している北海道の知事からの要請を受け、同日、現地に派遣したという。

 厚労省によると、派遣したのは国立感染症研究所の専門家3人。道と連携してデータを収集・分析し対応策を検討する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス