スポーツ

大相撲春場所、中止や無観客も 3月1日に最終決定

 日本相撲協会は25日、大阪市内のホテルで執行部の会合を開き、新型コロナウイルス感染拡大を受け、大相撲春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)について、通常開催、無観客、中止の三つを選択肢として検討し、3月1日に臨時理事会で最終決定することを決めた。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「風邪の症状がある方をどうするか、マスクの確保や動線などの問題も協議した」と述べ、開催に向けた努力を優先する姿勢を強調。一方で「どうなるかはまだ分からない。この1週間の状況の推移もある」と話した。

 29日に予定されていた大阪市の住吉大社での横綱奉納土俵入りは中止になった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス