スポーツ

オープン戦残り全試合を無観客に プロ野球、公式戦通常開催目指す

 プロ野球12球団の臨時代表者会議に参加した(左から)パ・リーグの横田理事長、NPBの井原事務局長、斉藤コミッショナー、セ・リーグの三原理事長=26日午後、東京都内

 プロ野球12球団は26日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、東京都内で斉藤惇コミッショナーも参加して臨時の代表者会議を開き、3月15日まで組まれたオープン戦の残り全72試合を無観客で実施することを決めた。日本野球機構(NPB)によると無観客試合はオープン戦、公式戦を通じて史上初。2軍の春季教育リーグも同様に全試合を無観客で行う。

 政府がスポーツや文化イベントを当面自粛するよう要請したことを受け、全球団が無観客試合への変更で一致した。3月20日に開幕するセ、パ両リーグ公式戦は予定通りの実施を目指し、12球団による対策委員会を立ち上げる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス