経済

福島の東邦銀、服装を完全自由化 4月から2千人超の全役職員

 カジュアルな装いの東邦銀行の女性行員。右は従来の制服=26日、福島市

 東邦銀行(福島市)は26日、4月から全役職員を対象に勤務中の服装を完全に自由化すると発表した。社員の趣向を尊重し、働きやすい環境をつくる狙い。おそろいの制服やスーツ姿など堅いイメージが強い銀行での導入は全国的にも珍しい。

 同行によると、店舗や業務内容、曜日などを限定して自由化を導入する銀行はあるが、完全自由化は異例という。

 営業や窓口業務の担当者を含む2千人超の全役職員が対象。

 自由化を前に同行は26日、講師を招いて勉強会を開催。参加した女性行員は白のカーディガンと黒のワイドパンツに着替え「動きやすく、お客さまにも不快に思われない服を選べた」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス